MENU

葉酸を摂取することは妊娠中に赤ちゃんの栄養不足を予防してくれる

妊娠中に葉酸を多く摂取することが大切といわれています。妊娠初期には先天性異常のリスクから守ってくれたり、また赤ちゃんの栄養不足を予防してくれるそうです。

 

1人目の子供を妊娠した時はそういう知識もなく、また、若かったので先天性異常のリスクを全く考えなかったわけではないけれど、すごく敏感になっていたわけでもありませんでした。

 

でも2人目の子供を妊娠した時は32歳になってましたので、やはり1人目の時よりは敏感になり、葉酸の摂取を心掛けました。先天性異常のリスクから守るためには妊娠初期に葉酸の摂取が必要とされていますが、妊娠初期は悪阻の時期でもあります。

 

私自信、悪阻がとてもひどく、食事がきちんととれず妊娠4ヶ月になったころには4キロほど痩せていました。いくら葉酸を摂取したほうが良いとわかっていても、食事が普通にとれない状態の中で積極的に葉酸を摂取するのは難しいです。

 

なので、食事での葉酸摂取を心掛けるのは諦め、葉酸キャンディーで摂取していました。葉酸のおかげか、逆子でハイリスク出産と言われましたが、何の異常もなく元気な子が生まれました!